トップへ » 当院が選ばれる理由 » リテーナーの種類

リテーナーの種類

治療後の歯の位置は最初とはある意味違う位置にあり、歯は少なからず元の位置に戻ろうとします。これを後戻りと言います。
この後戻りを防ぐための装置としてリテーナー(保定装置)と呼ばれる装置を使用します。
歯を新しい位置で安定させるわけです。当院では様々な種類をご用意しております。
その中から患者さまのご希望も含め、咬み合わせの状態に合った装置を選択しております。

左は装置の写真、右はその装置を装着した時の写真です。
目立たない装置もありますので装着時の写真(右写真)をご覧になってください。

ベッグタイプリテーナー
ベッグタイプリテーナー
歯のまわりをしっかりとワイヤーで取り囲み歯の移動を防ぐタイプ。(取り外し式)

ホーレータイプリテーナー
ホーレータイプリテーナー
主に前歯部分をワイヤーで取り囲むタイプ。(取り外し式)

QCMリテーナー
QCMリテーナー
上記のタイプと同じですが、歯を取り囲む表の部分(特に前歯の部分)がワイヤーではなく透明のタイプ。目立ちにくいタイプです。(取り外し式)

アスティクス リテーナー
QCMリテーナー
QCMリテーナー同様、歯を取り囲む表の部分(特に前歯の部分)がワイヤーではなく乳白色のファイバー製でに目立ちにくいタイプ。(取り外し式)

クリアリテーナー(マウスピースタイプ・リテーナー)
QCMリテーナー
透明のマウスピースタイプ。とても目立ちにくいタイプです。
ただし自分の歯同士が上下で直接咬み合わないので、積極的に咬み合わせを
安定させたい場合などは適さない場合もあります。(取り外し式)


犬歯間リテーナー(リンガル リテーナー)
QCMリテーナー
糸切り歯と糸切り歯の間をを歯の裏側でワイヤーで固定するタイプ。(固定式)
上は取り外し式で、下はこの固定式で行う場合もあります。
しかし歯に固定してしまうので汚れや歯石が付きやすくなり虫歯や歯肉炎、歯周炎になることもあるので注意が必要です。

スプリングリテーナー
QCMリテーナー下の前歯が軽度に後戻りしてしまった場合などの改善に用いるタイプ。(取り外し式)
最近では軽度の後戻りならば、透明のマウスピースタイプで歯の移動を行い、後戻りの修正を行うことが多いです。


関連ページリンク

当院が選ばれる理由
院長の技術力有料カウンセリングとは?治療費について治療の期間・流れ非抜歯矯正とは?目立たない矯正装置リテーナーの種類子供と中高生の矯正大人の矯正部分矯正
あなたの歯並びはどれ?痛みの少ない治療よくあるご質問

院長紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

矯正歯科カウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる理由 » リテーナーの種類


コールバック予約