«  2017年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年8月 4日

007_01 murasaki line-170.png

IMG_2866 SH-W140.jpg

IMG_2805 SH-W140.jpg

IMG_2808 SH-W140.jpg

IMG_2802 SH-W140.jpg
掲載が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
ドレスとティアラがプリンセスといった雰囲気でとても素敵ですね!
というか普段もそのまま


※写真の掲載に関しては承諾を頂いております。

007_01 murasaki line-170.png

2017年8月 1日

007_01 murasaki line-170.png

21歳 女性
 
やや受け口気味で、上下の口元の突出感が気になること、また前歯のでこぼこが気になることで来院されました。

031_09 redline-170.png

左写真:初診時 右写真:矯正治療終了時
KM T1 lateral face-W80.jpgyajirusi-10.jpgKM T3 lateral face-W80.jpg
KM T1 Rs jet -W80.jpgyajirusi-10.jpgKM T3 Rs jet -W80.jpg
KM T1 Rs molar -W80.jpgyajirusi-10.jpgKM T3 Rs molar -W80.jpg
KM T1 frontal -W80.jpgyajirusi-10.jpgKM T3 frontal -W80.jpg
KM T1 frontal open -W80.jpgyajirusi-10.jpgKM T3 frontal open -W80.jpg
KM T1 frontal face-W80.jpgyajirusi-10.jpgKM T3 frontal face-W80.jpg

記載途中です

007_01 murasaki line-170.png

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png

 「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら

 「当院の舌側矯正」 : デジタル技術を用いた精度の高い装置について
 「患者様Wedding!!」 : 患者さんと一緒に結婚式に向けて頑張っています!
 「患者さまの声」はこちら
 「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png

2017年7月31日

007_01 murasaki line-170.png

28歳 女性
 
前歯のでこぼこと前歯が出ていること、口元の突出感が気になることで来院されました。

031_09 redline-170.png

左写真:初診時 右写真:矯正治療終了時
SH lateral face2 T1-w80.jpgyajirusi-10.jpgSH lateral face2 T3-w80.jpg
SH Rs lateral T1-w80.jpgyajirusi-10.jpgSH Rs lateral T3-w80.jpg
SH Rs molar T1-w80.jpgyajirusi-10.jpgSH Rs molar T3-w80.jpg

SH Rs frontal T1-w80.jpgyajirusi-10.jpgSH Rs frontal T3-w80.jpg
SH smile T1-w80.jpgyajirusi-10.jpgSH smile T3-w80.jpg

SH upper T2-w80.jpg   SH lower T2-w80.jpg

記載途中です

007_01 murasaki line-170.png

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png

 「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら

 「当院の舌側矯正」 : デジタル技術を用いた精度の高い装置について
 「患者様Wedding!!」 : 患者さんと一緒に結婚式に向けて頑張っています!
 「患者さまの声」はこちら
 「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png

2017年6月27日

007_01 murasaki line-170.png

23歳 女性
上下前歯のでこぼこ、下の前歯が見えない(過蓋咬合)、前歯が出ている(出っ歯である)ことなどを気にされて来院されました。

治療は上下とも裏側の装置で治療を行っています。

名称未設定 1.jpgyajirusi-10.jpgT2 frontal.jpg
左写真(初診時)では、上の前歯が下の前歯に被さる量が大きく下の前歯が見えない状態(過蓋咬合:かがいこうごう)です右写真:治療により咬み合わせが上がり下の前歯がだいぶ見えるようになっています。 
名称未設定 2.jpgyajirusi-10.jpgT2 open.jpg
少し口を開いて撮影した状態です。左写真(初診時):上前歯は下に下がり過ぎて内側に倒れてしまっています。下の前歯も奥歯の高さと揃っておらず上下とも前歯と奥歯の高さが揃っていなくでこぼこの状態です。右写真では前歯のと奥歯の高さが揃って綺麗な平面になっていることが分かります。
名称未設定 6.jpgyajirusi-10.jpgT2 upper.jpg
治療途中ですが歯列は綺麗なアーチ状の形態に変わってきています(右写真)。
名称未設定 4.jpgyajirusi-10.jpgT2 Rs jet.jpg
出ていた上の前歯も全体的に後ろへ移動してきて出っ歯が改善してきています。 
T1 lateral face YM.jpgyajirusi-10.jpgT2 lateral face YM.jpg
前歯が内側に倒れている出っ歯のケースなので極端に口元の突出はありませんが、治療にともなう右写真では雰囲気が変わってきていることが分かります。

007_01 murasaki line-170.png

2017年5月 6日

007_01 murasaki line-170.png

20歳 女性

前歯のでこぼこと前歯が出ていて口元が突出していることが気になるとのことで来院されました。

front face T1.jpg lat face T1.jpg
front T1.jpg upper T1.jpg
Rs jet T1.jpg lower T2.jpg
上写真は初診時の顔と歯並びの写真です。
前歯はでこぼこで、上前歯が出ていることが分かります。また横顔では口元の突出が認められます。

front T2.jpg upper T2.jpg
Rs jet T2.jpg lower T2a.jpg 
矯正装置は上が裏側の装置、下は表側の装置で治療を行いました。
上前歯が出ているのことを改善するために上の永久歯(第一小臼歯)を抜歯しています。
下は生まれつき永久歯(第二小臼歯)が無かった(先天性欠如の)ため歯を抜かずに治療しています。

下の写真は左が矯正治療前、右が矯正装置を外した時のものです。
lat face T1.jpgyajirusi-10.jpglat face retention.jpg
上前歯の突出と咬み合わせが改善され口元の突出も改善されて口元のラインがきれいになっています。
front face T1.jpgyajirusi-10.jpgfront face retention2.jpg
前歯のでこぼこが改善されることで笑った時の印象にかなり違いが出てきます。皆さん笑顔に自信を持たれるようになります。

front T1.jpgyajirusi-10.jpgfront retention.jpg
上下前歯のでこぼこ、左上の八重歯が改善されています。
Rs jet T1.jpgyajirusi-10.jpgRs jet retention.jpg
上前歯の突出(出っ歯)が改善されています。装置除去後に前歯の後戻りを考慮して少し余分に前歯を後退させています。
upper T1.jpgyajirusi-10.jpgupper retention.jpg
lower T2.jpgyajirusi-10.jpglowerRetention.jpg
上下前歯のでこぼこ、歯列の不正が改善されています。
左:矯正治療前、 右:矯正装置除去時

007_01 murasaki line-170.png

UM front T1.jpgyajirusi-10.jpgUM front ret.jpg
UM lat T1.jpgyajirusi-10.jpgUM lat ret.jpg 
八重歯の矯正治療:口元の変化について

007_01 murasaki line-170.png

5月 お花.JPG
今回のエントランス フラワーアレンジメント

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png

「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら

「当院の舌側矯正」 
:デジタル技術を用いた精度の高い装置について
「患者様Wedding!!」 
:患者さんと一緒に結婚式に向けて頑張っています!
「患者さまの声」はこちら

「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png

2017年1月 4日

007_01 murasaki line-170.png

KN_207-w400pixl.jpg

KN_061-w400pixl.jpg

KN_105-w400pixl.jpg

KN_123-w400pixl.jpg

KN_312-w400pixl.jpg

ご結婚おめでとうございます!
ドレスも素敵ですが、和装もとても素敵ですね。
最近、和装で挙げられる方が増えてきているような気がします。
和装もやはりいいですよね。

歯並びの治療を通して、ささやかですが結婚式のお手伝いができたような感じがしてとても嬉しいです。

今も十分お幸せだとは思いますが これからもっとお幸せになって下さい!
末永いお幸せをお祈りしております

※写真の掲載に関しては承諾を頂いております。

007_01 murasaki line-170.png

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくどうぞ宜しくお願い申し上げます。

10月フラワーアレンジメント-w227.jpg
今回のエントランス フラワーアレンジメント

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png

「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら

「当院の舌側矯正」 
:デジタル技術を用いた精度の高い装置について
「患者様Wedding!!」 
:患者さんと一緒に結婚式に向けて頑張っています!
「患者さまの声」はこちら

「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png

2016年10月10日

007_01 murasaki line-170.png

15歳 女性
 
前歯のでこぼこと八重歯、咬み合わせが気になり来院されました。

031_09 redline-170.png

《写真上段:治療開始前》
上下前歯がでこぼこで、左上に八重歯があります。
・上下前歯は前方に突出した上下顎前突という咬み合わせです。
 また上下前歯が咬み合っていない開咬(かいこう)という状態です。
上前歯の真ん中が左側にズレてしまっています。

YC T1 Fr-w80.jpgYC T1 Rs-w80.jpg
YC T2 Fr-w80.jpgYC T2 Rs-w80.jpg
YC T3 Fr-w80.jpgYC T3 Rs-w80.jpg
《中段:治療中》
・上下前歯の突出とでこぼこを改善するために
 上下小臼歯という歯の抜歯を行っています。

・装置はデーモン・クリアという表側の装置を使用しています。
 セラミック製で白くて目立ちにくい装置です。
 痛みの少ない、歯の動きが良い装置です。ワイヤーはシルバーになります。

《下段:治療終了時》
・上下前歯のでこぼこ、上下前歯の突出が改善されています
・前歯の咬み合わせ(開咬)も改善しています。
・上下の真ん中のズレも改善しています。


≪ 口元の変化について ≫
YC T1 sumile-w80.jpgYC T1a Lat-w80.jpg
YC T3 sumile-w80.jpgYC T3 Lat-w80.jpg
・治療前(上段写真)に比べ、治療後(下段写真)では
 スマイル、横顔の口元の状態がとても良くなっています。

007_01 murasaki line-170.png

9月フラワーアレンジメントtr-W100.jpg
今回のエントランス フラワーアレンジメント

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png

 「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら

 「当院の舌側矯正」 : デジタル技術を用いた精度の高い装置について
 「患者様Wedding!!」 : 患者さんと一緒に結婚式に向けて頑張っています!
 「患者さまの声」はこちら
 「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png

2016年6月15日

 歯並びを治すの際に歯を抜くこと(抜歯)が必要なのかということがしばしば問題にあがります。

 最近では矯正治療もだいぶ経験された方が多くなってきて
そのお友達が相談に来られた際に
「私の場合は抜歯が必要なのはしょうがないですよね」と
患者さんの方からおっしゃられることも多くなりました。

 しかし誰しも歯を抜かれることが好きなはずがありません。

 私自身だってそうですし
自分の子供を治療するにも出来れば抜歯は避けたいと思います。

 ですが抜歯が必要な場合もどうしても出てきます。
ではなぜ抜歯が必要になるのでしょうか。

 無意味に歯を抜くことはないので必ず理由があるはずです。

 まず歯並びにでこぼこ(叢生:そうせい)が生じている場合はどうでしょうか。

Ext case-1 170.jpg

Ext case-2 170.jpg

 図1のAさんも、図2のBさんの場合も上下にかなりでこぼこ(叢生)があります。
Bさんの場合は典型的な八重歯の状態です。

 どちらも成人の方なので成長により顎の骨が大きくなるようなことはありません。

(成人の場合、矯正治療で歯並びの幅を装置によって多少は拡大することは可能ですが、子供ほど大きく拡大することはできません。)

つまり顎の大きさは変わらないということになります。

たとえば
3人掛けのベンチがあるとします。
ベンチの大きさは当然変わりません。
そこに4人が腰かけます。

もしくは3人だとしても太ったお相撲さん(=大きい歯)が3人腰かけます。
どうなるでしょうか?
あるいは3人が普通の体型であってもベンチが小さければ(=あごが小さければ)どうでしょうか?

誰かが斜めに座るか、ひざの上に乗るか、重なって座るか・・・
いずれにしろでこぼこの状態で座るしかありません。

ベンチの大きさ(歯槽基底部の大きさ=あごの大きさ)に対して
座る人の太さあるいは人数(歯の大きさ)がぴったりとあてはまらないと
でこぼこ(叢生)が生じたり、すき間(空隙)が生じたりするわけです。

専門的にはこの不調和の状態を
arch length discrepancy (アーチ・レングス・ディスクレパンシー)と言います。

この不調和の量、歯がぴったりと並ぶために足りない量が
5ミリ以上の場合、抜歯の対象になると一般的に言われています。


しかしながらこのでこぼこでぎゅうぎゅうの不調和の状態・・・
あまり気分よくありませんよね。
落ち着かないですし、座っている皆が疲れます。

歯も同じです。
汚れがたまりやすくなりますし、
虫歯や歯肉炎、歯周病の原因にもなってきます。

また噛み合う歯との当たり方が良くなければその歯にダメージが生じてくることもあります。

ではどのように解消したらよいでしょうか。

もうお気づきの方もいらっしゃると思います。

そうです。

ベンチに座っている誰かに申し訳ないけどそこから抜けてもらう。
つまり歯を抜いて不調和の状態を改善するわけです。

できれば抜きたくはないのですが、
抜くことで歯並び・噛み合わせを安定させること、
長い目でみると他の歯の健康を守ることにもなります。
図2 Bさんの治療後の状態はこちら


 私の抜歯に対する治療の考え方、順序としては次のようになります。

①:まずは抜かないで治療をできるか検討する。

②:次に歯の大きさ・幅を調整(IPR)することで抜歯をしないで治療できるか検討する。
 
③:奥歯を後ろに移動させスペースを確保できるか検討する。
 (MEAWを使用した矯正治療を行う。矯正用のミニインプラントを使用するなど)

④:上記を検討しても歯並びや噛み合わせが安定しない、口元の状態・横顔の状態
  が悪くなるような場合に初めて抜歯を検討する。

 このようにステップを踏んで最終手段として抜歯を検討するようにしています。
 

 抜歯をするかしないか(抜歯か非抜歯か)は、でこぼこの状態や量だけでは決められず他の要因も関連した難しい問題です。他の要因についてはまた今後にお話したいと思います。

矯正治療の抜歯について-② 前歯の前後的な傾きとの関わり
矯正治療の抜歯について-③ 抜歯した場合としない場合


007_01 murasaki line-170.png

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png

 「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら

 「当院の舌側矯正」 : デジタル技術を用いた精度の高い装置について
 「患者様Wedding!!」 : 患者さんと一緒に結婚式に向けて頑張っています!
 「患者さまの声」はこちら
 「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png


2016年5月23日

007_01 murasaki line-170.png

IMG_9750 ST-W160.jpg
画像をクリック!
以前にブログで掲載させて頂いた写真ですが、
今回、雑誌のHPに掲載されたとのことです。
嬉しいですね♪
Instagram:weddingdress_official

IMG_9746 ST-W160.jpg

IMG_9748 ST-W160.jpg

IMG_9747 ST-W160.jpg

FullSizeRenderTr.jpg


掲載に際しては患者様に承諾頂いております。

031_09 redline-170.png
007_01 murasaki line-170.png

5月chie-sanお花-w100.jpg
今回のエントランスのお花

患者様から頂いたおです。

治療が終了したお礼にと頂いたのですが、むしろ装置が外れた記念にこちらがお花を差し上げたいくらいの気持ちでしたのに申し訳ございませんでした。

でもとても嬉しかったです。エントランスに飾らせて頂きました。
ありがとうございました!

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png
 「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら
 「患者さまの声」はこちら

 「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png
031_09 redline-170.png

2016年4月24日

007_01 murasaki line-170.png

26歳女性
 
口元が出ていること、前歯が出ていること、歯並びがこぼこなことが気になり来院されました。

031_09 redline-170.png

左写真は治療開始前、右写真は治療終了時のものです。
KT T1 Fr-w80.jpgyajirusi-10.jpgKT T3 Fr-w80.jpg 
前歯がでこぼこで、上の左右前歯は捻じれています。
また上下の前歯が出ており、口元が出てしまっていることを気にされていました。
KT T1 RsLat-w80.jpgyajirusi-10.jpgKT T3 RsLat-w80.jpg
治療は上下の前歯をさげる余裕をつくるため、またでこぼこを解消する余裕をつくるためにに上下各2本ずつ(計4本)を抜歯しています。
KT T1 RsMo-w80.jpgyajirusi-10.jpgKT T3 RsMo-w80.jpg
治療後には前歯が後ろへさがり前歯のでこぼこも前歯の出ていることも改善されています。
KT T1 Jet-w80.jpgyajirusi-10.jpgKT T3 Jet-w80.jpg

前歯の出ていることが改善することによって口元の突出も改善しています。
KT T1 Face Lat2-w80.jpgyajirusi-10.jpgKT T3 Face La2t-w80.jpg 
治療前は歯茎が出てしまうことが多かったのですが、前歯が後ろにさがることで唇も閉じやすくなり歯茎の露出も軽減しています。
KT T1 Face Fr-w80.jpgyajirusi-10.jpgKT T3 Face Fr-w80.jpg
左写真は治療開始前、右写真は治療終了時のものです。

口元の改善しているその他の例はこちら
前歯が出ている(出っ歯)、前歯がでこぼこ 裏側の矯正治療
八重歯、前歯が出ている、裏側の矯正治療 

031_09 redline-170.png
007_01 murasaki line-170.png

2016  4月 お花a-H100.jpg
今月のエントランスのお花

 渋谷 恵比寿 広尾 矯正歯科専門
logo-80.jpg  teftef-70 055_26.png
 「恵比寿ますだ矯正歯科」のホームページはこちら
 「患者さまの声」はこちら

 「矯正期間、費用、治療の流れなど 矯正相談について」

007_01 murasaki line-170.png
031_09 redline-170.png

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 益田勉

矯正歯科専門医院
院長 益田勉

www.www.masuda-kyousei.com

【経歴】
東京都杉並区生まれ
1996年 岩手医科大学歯学部卒業
2000年 歯学博士号取得
2001年 日本矯正歯科学会 認定医取得
2008年 岩手医科大学歯学部非常勤講師
2009年 日本矯正歯科学会 指導医取得
都内各所: 銀座、渋谷、錦糸町、北赤羽および茨城(結城)、静岡(駿河区)のクリニックにて矯正歯科専門医として診療に従事
2011年 恵比寿ますだ矯正歯科 開設

【所属学会】
日本矯正歯科学会
日本顎変形症学会
日本舌側矯正歯科学会
日本顎関節学会
東京矯正歯科学会
東北矯正歯科学会

【主要論文】
Infuluence of dexamethasone on masseter muscle wet weight in growing rats : Tsutomu Masuda, Kazuro Satoh, Hiroyuki Miura Orthodontic Waves 68 : 6-11, 2009

早期の睡眠態癖に対する指導と急速拡大装置の適用により顔面非対称を改善できた1症例  益田勉,千葉充,佐藤和朗,三浦廣行 東北矯正歯科学会雑誌 11:39-46,2003.

飼料性状の違いがラット咬筋の筋内代謝物質含有量に及ぼす影響について
-1H-MRSによる咬筋内代謝物質の定量および評価-益田勉
岩手医科大学歯学雑誌 24巻 220~232 1999

【共著論文】
In vitro 1H-NMR spectroscopic analysis of metabolites in fast- and slow-switch muscles of young rats:Magnetic Resonance in Medical Sciences 1:7-13,2002.

噛みしめが重心動揺に及ぼす影響に関する研究: 顎機能学会雑誌 4巻 133~143 1998

【雑誌掲載】
2006年 平成18年 別冊Quintessence 矯正YEAR BOOK ‘06, CASE STUDY 下顎の右側偏位をともなった反対咬合症例: 益田勉 クインテッセンス出版,194~200 (MEAWを用いて非抜歯で反対咬合と下顎の偏位を改善した成人矯正症例)

【著書(分担執筆)】
歯科矯正学歯科矯正学 第5版: 医師薬出版株式会社 2008

新しい歯科矯正学改訂版 新しい歯科矯正学: 永末書店 2006

歯科矯正マニュアル歯科矯正マニュアル: 南山堂 2006

カラーアトラスハンドブック矯正歯科臨床ヒント集カラーアトラスハンドブック矯正歯科臨床ヒント集: クインテッセンス出版 2004