治療中の違和感の少ない裏側矯正-恵比寿・渋谷の矯正・矯正歯科なら恵比寿ますだ矯正歯科

アクセスマップ

平日は夜8時まで週末も診療

カウンセリング予約

アクセスマップ

平日は夜8時まで週末も診療

カウンセリング予約

治療中の違和感の少ない裏側矯正

進化した裏側矯正

進化した裏側矯正

従来の裏側矯正は、「表側矯正に比べて違和感が強くしゃべりにくい」「表側矯正に比べて時間がかかる」と言われていました。しかし、治療技術の進化により違和感や負担が少なく、しかも表側矯正と効果の変わらない裏側矯正が実現しています。そのため当院では、患者さまの7割以上の方が裏側矯正を選択されています。

歯並びを治したいが装置が目立つのが嫌で矯正治療に取り組めないという方や、職業柄、表側矯正は業務に支障をきたすことがあるという方もいらっしゃいます。そうした方々にも、裏側矯正できれいな歯並びを手に入れていただきたいと願っています。

注目の裏側矯正「インコグニト」を導入

インコグニト

「インコグニト」とは、外から見えない裏側矯正の治療法の一つで、CAD/CAM先端技術を用いることにより、患者さま一人ひとりの歯並びにあわせて正確な位置に並べることができる画期的な歯列矯正法です。複雑な歯の形状にもフィットするため脱離しにくく、金合金のブラケットは非常に薄く設計されているため、発音に対する影響も従来の装置に比べると少なくなり、患者さまの負担がとても少ないのが特徴です。

精度が高く違和感が少ない
インコグニトでは、個人の歯にフィットした超薄型のブラケットと、きちんと寄り添うよう加工したワイヤーを使用します。手作業では作れない精巧な装置なので、違和感や話しにくさを最小限に抑えることができます。

最新デジタル技術を用いて設計された矯正装置「インコグニト」

従来、石膏模型上で行なわれている装置作製の作業ですが、インコグニトではデジタル技術を用いて設計することで装置の精度がかなり高くなりました。

インコグニト

装置の設計・製作はコンピューター上で行われ、既製品の装置とは異なり、フル・カスタム・メイドで製作されます。患者さまごとに適した装置が出来上がるため、精度が非常に高いのが特徴です。

インコグニト

装置製作のために取った歯型をコンピュータでスキャンします。
取り込まれたデジタル上の歯型で歯並びを整え、装置を設計していきます。

このようなデジタル技術を用いた装置の設計・製作はヨーロッパやアメリカを中心に普及しています。当院もヨーロッパ(ドイツ)に製作を依頼しております。
装置の精度が向上することで治療の精度も向上し、治療期間の短縮にも結び付いています。

インコグニト

装置の性能や精度の改良についてはもちろんですが、患者さまにとって少しでも快適になるような修正も度々加えられています。たとえば装置の厚さを薄くできるところに関しては薄くしたり、角を丸めて舌に擦れにくくなるようになどの修正がなされています。

元々インコグニトは裏側の装置として厚さが薄く設計されており、装置を装着した後も「思ったより違和感が少ない」、「発音がもっと苦労すると思っていたけど大丈夫かも」といったご意見を頂き、患者さまにも大変好評です。

虫歯になりにくいインコグニト

インコグニト

ドイツの研究機関の調査報告では、インコグニトで治療した患者さまの虫歯発生率は、唇側の矯正装置で治療した患者さまの約1/5という結果でした。つまりインコグニトは虫歯になりにくいという事が結論です。

理由は、裏側矯正は歯の裏側に装置がついているので唾液で洗い流されやすいことや、インコグニトのブラケットベースと歯との境界部がスムーズに移行しているため、歯につく汚れが付着しづらい、さらに正確にフィットするように作られた装置なので、装置と歯の隙間がほとんど生じないことも理由の一つです。

矯正治療に適した10代から20代の若い方は、歯磨きなどが行き届かず虫歯になりやすい傾向にありますので、虫歯予防という点からもインコグニトはお勧めできます。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。
    また、歯が動くと隠れていた虫歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきが痩せて下がることがあります。
  • ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやり直す可能性があります。
  • 顎の成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。
    加齢や歯周病等により歯を支えている骨が痩せると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。
カウンセリング予約

「料金はどれくらい?」
「どのくらい期間がかかるの?」

など、歯科矯正の疑問・質問に無料でお答えします。
もちろん、無理に治療を勧めることもいたしません。
ぜひ一度ご来院ください。

  • お電話でのご予約
    ※タップで電話発信
  • カウンセリング予約フォーム

―完全予約制―

休診日:祝祭日、第2、4日曜、第4金土
最終受付20:00
(学会・出張等により休診になることがあります)

アクセス